CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

こども医療費の助成

こども医療費の助成

平成27年10月1日診療分から、こども医療費の自己負担額を廃止します。また、こども医療費受給者証を医療機関窓口で提示することで、保険診療分の支払いが無料になります。

安心して産み育てる環境づくりの一環として、こども医療費の助成を行なうことによって、こども達の健やかな成長を支援します。

対象者

0歳~18歳に達する日以降の最初の3月31日までのこども
※小松市にこどもの住民登録があり、健康保険に加入していること

※市外から転入された場合は、転入の日から対象となります。

新規交付申請に必要なもの

 こどもの健康保険証
 認印

助成額

 

保険診療分にかかる医療費(入院・通院・保険調剤)を助成します。助成対象額は、下表の自己負担額を差し引いた金額となります。

《自己負担額》
   平成27年9月診療分まで 平成27年10月診療分より 
 0歳児~小学校就学前児  なし  なし
 小学校就学児~  500円/月(第1子、第2子)
 なし

(注意:第1子・第2子…の数え方)
同一世帯で18歳(18歳になってから次の3月31日までの子)以下の子のうち、上から順に第1子・第2子…と数えます。

(例)大学生(1年)、高校生(3年)、中学生(3年)、小学生(5年)が同一世帯にいる場合は、高校生(3年)が第1子、中学生(3年)が第2子、小学生(5年)が第3子となります。

助成の対象とならないもの

  • 健康診断、予防接種、文書料、薬の容器代、入院時の食事代・差額ベット代などの「保険外診療のもの 」
  • 200床以上の病院において、他の医療機関から紹介状なしに初診で受診した場合の「初診時特定療養費」
  • 学校、認定こども園、保育園等でのケガや疾病で「日本スポーツ振興センターの災害共済給付」の対象となるもの

助成方法

(1)現物給付方式と(2)償還払い方式の2つの方法になります。

(1)現物給付方式

 石川県内の医療機関・保険薬局に受診するとき、保険診療にかかる本人負担額を支払わずに診療をうけることができます。
 必ず、受診のつど、こども医療費受給者証を提示してください。こども医療費受給者証を提示しなかったときは、窓口で本人負担額を支払うことになります。

現物給付とならないもの

下記のものは、医療機関窓口で支払った後、(2)の方法で支給申請してください。

  • 医療機関等で「こども医療費受給者証」の提示がないとき
  • 県外の医療機関等や、現物給付に対応していない医療機関等に行ったとき (県内医療機関等でも、現物給付に対応していない場合がありますので、事前にご確認ください)
  • 接骨院、整骨院、鍼灸院に行ったとき
  • 公費負担医療制度である「養育医療」「育成医療」「小児慢性特定疾患治療研究事業」等の対象となるとき
  • 石川県外の国民健康保険組合に加入しているお子さんが、入院等した際、高額な療養に該当し、かつ「限度額適用認定証」の提示がないとき(例:全国土木建設国保、中央建設国保などの石川県内市町国保・石川県医師国保組合以外の国保)
  • 交通事故など第三者行為による治療(助成できない場合があります)

(2)償還払い方式

1、医療費をいったん医療機関にお支払ください。
2、医療機関から発行された領収書又は領収証明書を医療費支給申請書に添付し、申請してください。

  ※数ヶ月分の領収書を同時に申請しても構いません。
  ※レシート(保険点数が記載されていないもの)の場合には、医療機関にひと月の診療分をまとめた領収証明書を発行してもらい、添付してください。

3、口座振込により申請された翌月25日(土日祝日の場合はその前日)に支給します。
  振込先は保護者口座となります。

 

医療費支給申請に必要なもの
  • こども医療費受給者証
     (出生届や転入届時に受給資格のあるこどもに発行いたします。紛失、破損したときはこども家庭課窓口で再交付できます。) 
  • こどもの健康保険証 
  • 認印 
  • 医療費支給申請書 
  • 領収書(患者氏名、保険診療点数、医療機関の領収印のあるもので、コピー、レシートは不可です。)
    または領収証明書(レシートの場合や保険診療点数の記入されていないものは、医療機関で証明してもらってください。)
    ※郵送での申請の場合、こども医療費受給者証・健康保険証のコピー等の同封は不要です。


医療費支給申請書 (PDF 80KB)
医療費支給申請書(記入例) (PDF 60KB)
領収証明書 (PDF 48KB)
郵送時の注意事項 (PDF 108KB

申請期間

診療月の翌月以降、1年以内に申請してください。
 例:10月診療分の申請期間・・・11月から翌年10月末日まで


申請窓口

市役所こども家庭課、南支所  午前8時30分~午後6時30分
小松駅前行政サービスセンター 午前9時30分~午後7時(休館日:水曜日)

※郵送でも申請することができます。申請書の記入漏れや印鑑の押し忘れがないか確認のうえ、領収書を同封してこども家庭課まで郵送してください。
なお、郵送の場合は、申請書及び領収書がこども家庭課に届いた日付が受付日となります。
市内の病院・医院に「医療費支給申請書」と「返信用封筒(切手不要)」を設置されております。病院・医院で受診した際には、是非ご利用ください。

注意とお願い

  1. 市外へ転出するなど、こども医療費助成制度の対象でなくなるときは、すみやかに受給者証を返却してください。転出日以降は受給者証を使用できませんのでご注意ください。
  2. 健康保険、振込先の変更がある場合は変更届を提出してください。 
  3. 助成対象は保険診療分のみです。入院の差額室料や食事代(本人負担分)、健康診断、予防接種等の自費分は対象外ですので、支給されません。 
  4. 高額療養費に該当する場合はまず加入されている健康保険で高額療養費が決定してから、保険者の発行する決定通知とともに申請してください。また、加入されている健康保険に附加給付制度のある場合は、附加給付金を差し引いた金額を支給します。 
  5. こども医療費の支給を受けた保険診療分の自己負担額については、確定申告の医療費控除の対象となりませんが、その他の自費診療分について確定申告の医療費控除に領収書が必要な方は申請の際にお申し出ください。
    また、こども医療費助成制度の月々の自己負担額については、医療費控除の対象となりますので、証明書の交付を希望される方は、1月~12月診療分受付後の翌年1月以降にこども家庭課に申請してください。証明手数料として小児1人につき300円かかります。 
  6. 補装具や小児弱視等による治療メガネ等が保険適用になった場合は、こども医療の助成対象になります。詳しくはお問い合わせください。 
  7. 医療費支給申請書は申請前に記入していただき、添付する領収書は医療機関ごとの日付の古い順番に並び替え持参してください。ご協力をお願いします。

●この事業は、防衛省からの特定防衛施設周辺整備調整交付金基金が活用されています。
  平成27年度