CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

私立幼稚園就園奨励費補助金

私立幼稚園就園奨励費補助金
小松市では、幼稚園教育の一層の普及充実を図るため、お子さんが幼稚園に通園されている、もしくは満3歳になる年度当初から子育て支援として受入れられている家庭のうち、入園料・保育料の支払いの経済的負担が大きい方を対象に、国から一部補助を受け就園奨励費補助金を交付しています。

私立幼稚園就園奨励費補助金要綱要綱(H30)

申請の対象となる世帯

 保育料等の補助を受けることができる世帯は、次のすべての要件を満たす世帯です。

 1.保護者・園児とも小松市に住所を有していること (住民登録または外国人登録をしている)

 2.園児が私立幼稚園(市外の幼稚園を含む。)に在園していること

 3.園児の4月1日の満年齢が2歳から5歳であること

※ 小松市外に住民票のある方は、この補助の対象になりません。住所地でお問い合わせください。


補助の対象となる世帯

  • 今年度納付すべき市民税の課税額により決まります。 
  • 同一世帯内で2人以上に所得のある場合は、市民税額は合計額となります。 
  • 市民税非課税世帯で、同一住所内に祖父母等の別世帯がある場合は、別世帯の市民税額も含みます。 
  • 税源移譲により、住宅借入金等特別控除を所得税で控除しきれず市民税でも控除される方は、控除前の市民税所得割額にて判定されます。 
  • 補助額は兄弟姉妹の就園、就学状況により異なります。 
  • 補助額は、年度内に支払う入園料・保育料の合計額と下表の補助限度額を比較し、いずれか低い額となります。 
  • 年度途中に入園・退園された場合は、在園月数に応じて月割した額が補助額となります。
  • 保育料が未納の場合は、この補助金が受けられなくなります。


補助金額について

※平成27年度より、同一世帯に18歳以下の児童が3人以上いる世帯で、第3子以降が就園している場合、上限が308,000円となりました。
(保育所、認定こども園と同様、実質無料化)




※「18歳以下」とは4月1日の前日において満18歳に達していない児童のことです。

就園には、他の幼稚園や保育所に入園している兄・姉も含みます。また、特別支援学校の幼稚部、児童心理治療施設に入所または児童発達支援及び医療型児童発達支援を利用する就学前児童の兄・姉を含みます。

※上の表で、「ひとり親世帯等」とは、ひとり親世帯、在宅障害児(者)のいる世帯、要保護者に準ずる程度に困窮している世帯のことをいいます。

第1子~第3子以降の数え方については以下のPDFをご確認ください。


補助金年額の計算例(第1子~第3子以降)

申請の手続き

1.幼稚園から申請書を受け取り、必要箇所に記入・押印し、幼稚園の在園証明印を押してもらってください。
2.在園しておられる幼稚園へご提出ください。
申請書の受付期間は平成30年6月6日(水)から平成30年7月13日(金)までです。
※途中入園の方については、随時受付しています。



※こんな場合は小松市役所こども家庭課へお申し出ください※
 


交付について

1.補助金の交付の適否については、幼稚園を通して保護者へお知らせします。(10月中旬を予定)

2.補助金の振込は、来年度4月の予定です。こども家庭課から保護者の口座に振込いたします。


リンク

小松市の幼稚園一覧