CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

小松市避難支援プラン(全体計画)

小松市避難支援プラン(全体計画)

「避難支援プラン(全体計画)」作成の目的


 この計画は、災害発生時における要援護者の方々への支援を適切かつ円滑に実施するため、国が作成した「災害時要援護者の避難支援ガイドライン」を踏まえ、小松市における要援護者の方々への避難支援対策について、その基本的な考え方や対策の進め方を明らかにしたもので、要援護者リスト、情報伝達体制、避難支援体制等の整備を図ることによって、市域の安心・安全体制を強化することを目的としています。
 

「避難支援プラン(全体計画)」の要旨


「方針」

 (1) 自主防災組織を中心とした「共助」を基本とします。

 (2) 社会福祉協議会等の関係機関との連携を重視します。

 (3) 「長寿集落」の方々に対しては行政によるサポートを実施します。

   ※ 長寿集落とは過疎高齢化などで自主防災組織の結成が困難な集落です。
     (維持が困難な集落)


「要援護者情報の収集とリスト整備」

 情報収集とリスト整備には「関係機関共有方式」と「同意方式」を併用します。

 (1) 第一段階:「関係機関共有方式」によるリスト作成

 (2) 第二段階:「同意方式による」リスト作成
           登録申請書(私の安心情報)の作成推進

 (3) 第三段階:台帳作成(個別計画)


「要援護者の方々への情報伝達要領」

 (1) 避難場所運営マニュアルへの反映

 (2) 福祉避難所の指定 → 市内17施設との協定


「実効性向上のための工夫」

 防災・福祉マップの作成(各町内・自主防災組織での作成)


「長寿集落の方々への対応」

 長寿集落サポートマップを行政で作成し、速やかな公助が行える体制づくり



「避難支援プラン(全体計画)」全文


 「避難支援プラン(全体計画)」の詳細については、全文が記載されてあるPDFファイルを参照ください。

 下記の文字をクリックすると、PDFファイルがご覧になれます。

 「避難支援プラン(全体計画)」全文(PDF 438KB)