CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

熱中症の対応について

熱中症の対応について
 熱中症が発生する時期になりました(発生のピークは7月~8月です)
 気温が高い、湿度が高いなどの環境条件と、体調がよくない、暑さに体がまだ慣れていないなどの個人の体調による影響とが重なることにより、熱中症の発生が高まります。急に暑くなった日は特に注意が必要です。
 屋外で活動しているときだけでなく、室内で特に何もしていなくても熱中症を発症し、救急搬送されたり、死亡する事例が報告されています。
 高齢者の半数以上は自宅で発症しています。

熱中症とは

 身体の中と外の“あつさ”によって引き起こされる様々な身体の不調です。
 軽いものはめまい、失神、こむら返りなどから、症状によっては、意識障害なども引き起こし、生命に関わることもあります。

誰が・・・

 乳幼児や高齢者に多く発症します。

 乳幼児の場合は、冷房を切った自動車内などに寝かせたままにしておくことで、また、高齢者の場合は、体温の調節機能が低下することや、暑さを感じにくくなり、水分補給を十分に行わないことにより、発症することがあります。

予防法は・・・

日常生活での注意をしていきましょう
  1.暑さを避けましょう
    ▶屋外では・・・日傘や帽子の着用、涼しい場所で適宜休憩する
    ▶屋内では・・・風通しをよくする、室温をこまめに確認し、扇風機やエアコンで温度を調整する
  2.服装を工夫しましょう
    ▶通気性のよい、吸湿性・速乾性のある衣類を着用する
  3.こまめに水分を補給しましょう
    ▶のどが渇く前に水分補給する
    ▶起床時、入浴前後などに水分補給する
    ▶就寝中は枕元に水差しなどを置く 
     ※就寝中にも体内の水分は失われています
  4.急に暑くなる日に注意しましょう 
    ▶暑くなり始めや熱帯夜の翌日に注意する
     ※暑さに体が慣れていないため熱中症の危険が高まります
  5.体調の悪い人、持病のある人などは、暑い場所での運動や作業は控えましょう
     ※熱中症の発生には、その日の体調が影響します
  6.集団活動の場では責任者は、参加者の体調に気をつけ、休憩や活動時間に配慮しましょう
    ▶体調不良は遠慮せず伝える
    ▶お互いの体調に注意して声をかけあう   
詳しくは・・・

環境省 熱中症環境保健マニュアル
(熱中症予防についてまとめたページへ


環境省 熱中症予防情報サイト
(熱中症対策動画が配信されています)

日本気象協会の指数情報の熱中症指数のページへ
(1週間毎の熱中症指数をお知らせをします) 

石川県 熱中症情報 (県内10ヶ所の暑さ指数予報を情報提供しています)