CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

4種混合ワクチンについて

4種混合ワクチンについて
 平成24年11月から4種混合ワクチン(百日せき・ジフテリア・破傷風・ポリオ)が導入されています。

  4種混合ワクチンの導入に伴い、予防接種の説明冊子「予防接種と子どもの健康 2012年度版」の内容が改訂されました。改定内容については予防接種リサーチセンターのホームページをご覧ください。

対象者

 生後3月~90月(7歳6月)に至るまでの間にある者
 平成24年8月以降生まれは4種混合ワクチンの対象です。

 平成24年8月より前に生まれたお子さんで、3種混合ワクチン未接種かつ不活化ポリオワクチン未接種の場合、4種混合ワクチンを接種することができます。しかし、導入当初はワクチンの流通量が不安定になることが予想されます。接種の際はワクチン接種ができるか主治医に必ずご確認ください。

 以下のいずれかのワクチンを接種している場合は、3種混合ワクチンと不活化ポリオワクチンを接種してください。
 ・生ポリオワクチン1回
 ・単独の不活化ポリオワクチン1回以上
 ・3種混合ワクチン1回以上

標準的な接種年齢

 1期初回接種  生後3月~12月に達するまでの期間
 1期追加接種  初回接種終了後12月~18月に達するまでの期間

接種間隔

 1期初回接種  20日から56日までの間隔をおいて3回 
 1期追加接種  初回接種終了後6月以上の間隔をおいて1回

接種方法

 4種混合ワクチン接種券シールを貼った予診票と母子手帳を持って、医療機関で接種してください。
 ワクチンの予約が必要か事前に必ず医療機関へお問い合わせください。また、複数の医療機関への予約はお控えください。

 4種混合ワクチンの個別接種医療機関はこちら(25.8KB)