CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

宮本三郎美術館

宮本三郎美術館
 宮本三郎(1905-1974)は、石川県小松市松崎町に生まれた洋画家です。戦後、二紀会を創立、写実の奇才と評されました。
 1980年生誕地松崎町に宮本三郎記念美術館が誕生、さらに1998年、遺族より油彩画、デッサンを含む作品群の寄贈を受け、小松の文化ゾーンに新たな美術館を建設、2000(平成12)年11月に開館しました。これに伴い、記念美術館も「宮本三郎ふるさと館」としてリニューアルオープンし、現在に至っています。宮本三郎の画業とその魅力を様々な視点からご紹介します。 詳しくは宮本三郎美術館ホームページをご覧ください。

基本情報

外観画像
 所在地 小松市小馬出町5番地 [小松市全体マップを見る]
 開館時間  9時~17時(入館は16時30分まで)
 休館日  展示替え期間、年末年始以外は無休
 入館料 (個人) 一般400円、大学生200円、高校生以下無料
(団体・20名以上) 一般300円、大学生150円
※こまつミュージアム・パス対象施設
※障がい者手帳等お持ちの方と介助者1名は無料