CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

【宮本三郎ふるさと館】企画展 アトリエでひと休み~花たちに囲まれて~

【宮本三郎ふるさと館】企画展 アトリエでひと休み~花たちに囲まれて~

晩年、家の近くの花屋をまわって新しい花を買い込んだ宮本三郎。アトリエには花が絶えなかったといいます。作品には花がモチーフとして多く描かれました。アトリエは、宮本の制作の場であり、集中する場であったでしょう。そんな中で花たちは、宮本に癒しやなぐさめを与えたかもしれません。一方で、花の中に生命力を見出してもいます。
本展では、宮本の描いた花とアトリエをテーマに紹介します。初期から晩年にいたるまで、花の表現が変化してゆきます。そこには花に対する宮本の気持ちの変化もよみとれるかもしれません。その時々の花の表情をお楽しみ下さい。


◆会場 宮本三郎ふるさと館(小松市松崎町16-1)
◆会期 12月16日(土曜日)~3月4日(日曜日)
◆開館時間 9時~17時(入館は16時30分まで)
◆休館日 月曜日(月曜日が祝日の場合はその翌日)、祝日の翌日、年末年始(12月29日~1月3日)
◆入館料 一般400円、大学生200円 (宮本三郎美術館と共通)
※高校生以下無料※こまつミュージアム・パス対象施設 ※障がい者手帳等お持ちの方と介助者1名は無料
◎展示替えに伴う休館 12月4日(月曜日)~15日(金曜日)
百花繚乱
画像:宮本三郎《百花繚乱》1970年