CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)について

SFTSウイルスを保有するマダニに咬まれることで感染します。

患者はマダニの活動が盛んになる春から秋にかけて発生しているため、森林や草地などマダニが広く生息する場所に入る場合は、長袖、長ズボンなどを着用して肌の露出を少なくし、虫除け剤等も利用して、マダニに咬まれないよう十分注意しましょう。

主な症状は発熱と消化器症状で、重症化し、死亡することもあります。現在のところSFTSウイルスに対して有効なワクチンはありません。

○詳しくは下記をご覧ください

重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/sfts_qa.html

マダニによる感染症にご注意ください(石川県ホームページ)
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kansen/menu/madani.html