CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断の結果について

要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断の結果について

要緊急安全確認大規模建築物の耐震診断の結果について

建築物の耐震改修の促進に関する法律の規定に基づき、小松市内の要緊急安全確認大規模建築物について、耐震診断結果を公表します。

要緊急安全確認大規模建築物とは

昭和56年5月31日以前の旧耐震基準で建築された、不特定多数の者が利用する建築物などのうち、法で定められた規模以上の大規模なものをいいます。
対象規模要件(PDF 28KB)

耐震診断の結果(概要)

1)公共建築物4棟は全て耐震改修済みで、大規模な地震に対する危険性が低いと診断されました。

学校(小学校、中学校) 3棟
体育館  1棟

2)民間建築物1棟は、大規模な地震に対して危険性があると診断され、平成30年度に耐震改修工事に着手予定です。

旅館 1棟

耐震診断の結果

耐震診断の結果は、次のとおりです。
耐震診断の結果(用途別一覧表及び附票)(PDF 30KB)


建築物の構造耐力上主要な部分の地震に対する安全性については、次の「表の見方」を参考に一覧表と附票を照らし合わせてご確認ください。
表の見方(PDF 266KB)