CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

日本年金機構・厚生労働省等からのお知らせ

日本年金機構・厚生労働省等からのお知らせ
日本年金機構ホームページへ
年金の予約相談を実施しています
 日本年金機構では、全国の年金事務所、街角の年金相談センター及び街角の年金相談センター(オフィス)で年金相談の予約を実施しています。
 年金事務所等の窓口で年金請求の手続きや、受給している年金についての相談を希望される方は、ぜひ、予約相談をご利用ください。予約相談の受付は、「予約受付専用電話」(0570-05-4890)で行っています。
 ※ご連絡の際は、基礎年金番号の分かる年金手帳や年金証書をご準備ください。
 
(予約相談の問い合わせ先)
 ねんきんダイヤル 0570-05-1165
 小松年金事務所  0761-24-1791



必要な資格期間が25年から10年に短縮されました
 老齢年金を受け取るのに必要な期間(受給資格期間)が、「25年」から「10年」に短縮されました。
 日本年金機構では、これまでに対象となる方に黄色の封筒(A4サイズ)や年金加入期間の確認のお知らせ(案内)をお送りしています。
 ご相談・お手続きがお済でない方は、「ねんきんダイヤル」でご予約のうえ、お早目に年金事務所にてご相談・お手続きをお願いします。

 ねんきんダイヤル 0570-05-1165
 小松年金事務所  0761-24-1791



マイナンバーへの対応

 日本年金機構では平成29年1月からマイナンバーによる年金相談・照会の受付ができるようになりました。基礎年金番号が分からない場合であっても、マイナンバーカード(個人番号カード)をご提示いただくことで、相談を行うことができます。
 さらに平成30年3月5日からは、これまで基礎年金番号で行っていた各種届出・申請についてもマイナンバーで行えるようになるほか、住所変更届や氏名変更届の届出省略を開始しました。


 
ねんきんネット
 インターネットを通じてご自身の年金情報を手軽に確認できるサービスです。24時間いつでもどこでも、パソコンやスマートフォンからご自身の年金記録を確認できます。(※登録が必要です。)

厚生労働省ホームページへ
平成29年8月から、年金を受け取るために必要な期間が10年になります
 年金を受取るために必要な期間(保険料納付済等期間)が25年から10年に短縮されました。該当の方には日本年金機構からご案内が届きますので、必要事項を記入し、お手続きをお願います。


教えて!公的年金制度
 「なぜ公的年金制度が必要なのか?」「公的年金の仕組み」について疑問にお答えします。


マンガで読む『いっしょに検証!公的年金』
 難しい年金制度をマンガで分かりやすく解説しています。

首相官邸ホームページへ
年金改革法が成立しました
 「年金はカットされるのか? 将来も安定して年金がもらえるのか?」疑問にお答えします。