CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

国民年金保険料と納付方法

国民年金保険料と納付方法

国民年金保険料


 定額保険料・・・・・1ヶ月16,340円
 付加保険料・・・・・1ヶ月   400円(第1号被保険者で希望する人)

  ※付加保険料とは第1号被保険者で将来少しでも多く年金を受け取りたいと希望するとき、定額保険料に400円上積みして納める保険料です。なお、国民年金基金と同時に加入することはできません。老齢基礎年金を受け取るときに「付加保険料納付月数×200円」が上乗せされます(物価スライドはありません)。

 日本年金機構「付加保険料」


保険料の納め方


口座振替で納付


口座振替で納めると手間がかからず、納め忘れを防ぐこともできます。口座振替の手続きは、小松年金事務所または金融機関の窓口で受け付けています。
 

金融機関・郵便局・コンビ二等の窓口で納付


年金機構から送付される納付書を使って、各窓口で納めていただく方法です。お手元に納付書がないときは、小松年金事務所までお問い合わせください。


クレジットカード納付


クレジットカードにより定期的に納付する方法です。申し込み手続きは小松年金事務所で受け付けています。


 日本年金機構「国民年金保険料」


保険料の割引について


 保険料をまとめて前払いすると割引される前納制度があります。
 また、口座振替には当月末日に振替すると割引される早割制度や、2年分を一括で前納する制度などもあります。
 ※H29年4月より、新たに現金・クレジットカード納付による2年前納がはじまります。


 日本年金機構「国民年金保険料の「2年前納」制度」


時効で納めることができなかった保険料を納付したいとき(後納制度)


 後納制度とは、時効で納めることができなかった国民年金保険料について、平成27年10月から平成30年9月までの3年間に限り、過去5年分まで納めることができる制度です。後納制度を利用することで、年金額が増えたり、年金の受給資格を得られる場合があります。
 納付するには申し込みが必要ですので、ご希望の人は小松年金事務所でお手続きください。


 日本年金機構「国民年金保険料の後納制度」


 保険料納付に関することは、
   
小松年金事務所  0761-24-1791 まで