CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

B型肝炎ワクチンについて

B型肝炎ワクチンについて

平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンが定期予防接種になりました。

10月1日以前に接種された場合は、任意接種の扱いとなり費用の公費助成は受けられません。

 

B型肝炎とは

B型肝炎とはB型肝炎ウイルスの感染により起こる肝臓の病気です。B型肝炎ウイルスに感染すると、一過性の感染で終わる場合と、そのまま感染が続き(この状態をキャリアといいます)慢性肝炎となる場合があります。また、症状が明らかにならないままウイルスが肝臓に潜み、年月を経て慢性肝炎・肝硬変・肝臓がんなど命に関わる病気を引き起こすこともあります。

 

B型肝炎ワクチンとは

ワクチンを接種することで、体の中にB型肝炎ウイルスへの抵抗力(免疫)ができます。
免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。
※予防接種を受けても、お子さんの体質や体調によって免疫が出来ないことがあります。

対象者

平成28年4月以降に出まれた1歳未満のお子さん

※母子感染予防のために出生直後にB型肝炎ワクチンを接種されたお子さんは、定期接種の対象とはなりません。

 

接種方法

1歳の誕生日前日までに3回の接種を終了する。

◎標準的な接種スケジュール
 1回目接種後、27日以上の間隔で2回目を接種
 1回目接種後、139日以上の間隔で3回目を接種

B型肝炎ワクチン接種券シールを貼った予診票と母子手帳を持って、医療機関で接種してください。ワクチンの予約が必要か事前に必ず医療機関へお問い合わせください。
※対象者が平成28年9月30日までに任意で接種している場合は、残りの回数の接種を1歳未満で受けることが出来ます。
※任意で受けた予防接種の自己負担額の払い戻しはありません。