CSS3を利用できるブラウザでご利用ください。 Please Use Web Browser support for CSS3. ( >= Firefox3.5 Safari4 Opera10)

木造住宅の耐震・防火改修工事

木造住宅の耐震・防火改修工事
小松市では、「安全安心なまちづくり」を進めるため、木造住宅の耐震改修や防火改修等をおこなう場合に、費用の一部を補助します。

対象建築物

在来軸組構法によって昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅(※1)で、
所有者(※2)が現在居住しているもの。
(※1「木造住宅」には、延床面積の半分以上を居住の用に供する併用住宅も含みます)
(※2「所有者」には、所有者の親、配偶者、子も含みます)

補助の対象となる工事と補助額

対象工事1.耐震改修工事

種類 通常の耐震改修工事 段階的耐震改修工事
概要
建物全体を一度の工事で安全にします 第一段階として1階部分、第二段階として2階部分を工事して安全にします
イメージ画像

 
イメージ1

1段階
耐震改修工事イメージ3

2段階
耐震改修工事イメージ2
補助率
100分の23 100分の23
100分の23
限度額
60万円 40万円 20万円
前年の年間収入が900万円以下の場合など 70万円 50万円 20万円

対象工事2.防火・避難改修工事(※準防火地域に限る)

延焼防止のための防火改修工事
boukaimage1

避難経路確保のための出入り口等改修工事
避難経路確保のための出入り口等改修工事
(改修例)シャッターを、避難出入り口(防火設備)に改修
補助率 2分の1
限度額 50万円
耐震改修工事と併せて工事する場合 30万円(補助率100分の23)

申請手続きの流れ

耐震改修工事 手続きの流れ(PDF82KB)
(※耐震・防火改修工事に先立って、市への申請が必要となりますので、ご注意ください。)

■申請書式

・申請書様式のダウンロード(→ 小松市申請書・届出書ダウンロードコーナー)

■税制優遇 関連サイト

・小松市役所税務課「家屋の評価と減額措置」
・国土交通省「住宅税制に関するお知らせ」(外部リンク)
・国税庁「耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)」(外部リンク)
・(一社)住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォームガイドブック」(外部リンク)